So-net無料ブログ作成

メンタリスト DaiGo タネ アンビリーバボー [メンタリズム]






アンビリーバボーでメンタリスト「DaiGo」のタネを明かしていました。

メンタリストとは、「人のメンタル(精神)を自由に操る人」のことです。
メンタリズムとは、「人のメンタル(精神)を自由に操る技術」のことです。

DaiGoはこのメンタリズムを駆使して、あたかも超能力やマジックのようにさまざまな奇跡を
起こします。

お客さんが選んだ品物を言い当てたり、考えていることを当てたりします。
それをDaiGoは、「相手の心を動かして選ばせている」と言っています。

SMAP×SMAPに出演したときも、SMAPのメンバーに選ばせた色などを見事当てました。

そのとき、少しだけタネを明かしたのですが、相手の目の前にその色を一瞬だけ横切らせると
相手は、無意識(潜在意識)にその色が入り混んで、自分が意識していなくてもその色を選んで
しまう。というものです。

この現象は、サブリミナル効果といって「意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで
表れるとされている効果のこと」です。
要するに、潜在意識を刺激するということです。

このサブリミナル効果は、結構有名で昔から様々な実験がされています。
(現在は、危険な為禁止されている。)

ある有名な実験は、
映画が映写されているスクリーン上に、「コカコーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」
というメッセージが書かれたスライドを1/3000秒ずつ5分ごとに繰り返し行ったところ、
コカコーラについては18.1%、ポップコーンについては57.5%の売上の増加がみられたとのことです。

これは、「コカコーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」という暗示だったから良かったものの、
ちょっと危険な指示を出すと、その行動を無意識に植えつけられて、行動してしまうので
とても危険なものです。

いわゆる、催眠というやつですね。

禁止されていなければ、テレビなどで不特定多数の人に配信させたりも出来るのです。
情報操作などもされてしまう恐れがあります。
見ている人は認識できないほど一瞬なので、とても怖いですね。

昔、フジテレビの『世にも奇妙な物語』で「サイコキネシス」という短編がありました。
それは、四つの人形が並んでいて一つの人形を選んでずっとその人形を見ていると
選んだ人形が爆発するというものです。

これは驚きですよね!

【動画】サイコキネシス


このような原理があれば、Daigoのメンタリズムも説明がつきますね。
本人も、「超能力やマジックではなく、科学的な根拠を利用したもの」と言っています。

アンビリーバボーで公開していた誰でも出来るメンタリズムのタネを紹介したいと思います。
1.相手になにか小さいものを渡し、右手か左手で隠し持ってもらう。(自分は見ない)
どちらの手に入っているかわからない位小さいものが良い。

2.相手に、小さいものが入っている手(選んだ手)を頭の上に挙げて10秒間強く念じて貰う。
このときも自分は見ないこと。

3.相手に手をおろしてもらい、両手を見せて貰う。
この時初めて手を見る。(目を開ける)

4.相手の手をよく見て、右手にあるか左手にあるか言い当てる。
※血の気の無い(白い、青白い)方の手に、小さいものが入っています。

これも、れっきとした科学的根拠に基づいています。

手を上に挙げている方は、心臓よりも上に行くので、血の気が引きます。
逆に、挙げていない方は、血管が浮き出ていたり、血色が良いです。

これで、みなさんも明日からメンタリストですね!

またの機会に他のテクニックも公開したいと思います(^O^)/






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。